マルチチャンネル小型分光器

トップページ > 分光分析

光ファイバースペクトロメーター(分光器)の種類

HR4000 FLAME Ocean Insight 溶液や固体試料の透過率・吸光度測定 LED等発光体の特性評価 発光体の照度 放射照度測定
 光ファイバースペクトロメーター(分光器)は、測定波長範囲、波長分解能、感度などによりプリセットモデル

SEC2020スペクトロメーターシステム
FLAME-S-UV-VIS
FLAME-S-XR1
HR4000CG-UV-NIR
QE Pro-ABS

等と、研究目的に合わせてグレーティング・スリット・内部フィルターを選択する、CTO(Custom-to-Order)モデルに分けられます。
プリセットモデルは汎用性に優れますが、機能性を高めたい場合には、CTOモデルをお勧めいたします。


▼▽▼画像をクリックすると、詳細ページへ移動します▼▽▼

SEC2020
スペクトロメーターシステム
紫外-近赤外

高機能なグレーティングと光学設計により、1台で紫外から近赤外までの広波長域を高感度に測定可能なマルチチャンネル分光器システム。
 
 


FLAME
マルチチャンネルスペクトロメーター
紫外-近赤外

スリット交換により1台の分光器で目的に応じた複数の測定が可能になりました。

FLAME CTOモデル
マルチチャンネルスペクトロメーター
紫外-近赤外 カスタマイズ

お客様の用途に合わせて波長領域や感度、分解能を更に自由にカスタマイズできるモデル。

QEPro
高感度・高S/Nスペクトロメーター
可視-近赤外紫外-近赤外

吸光度および透過率測定だけでなく、ラマン測定、微弱な蛍光測定にも最適な高感度・高S/N比を達成したモデル。


HR4000CG-UV-NIR
高分解能小型光ファイバースペクトロメーター
紫外-近赤外

広波長範囲(200-1,100nm)のHR4000専用グレーティングおよびスリット(5 µm)による0.75 nmという高分解能を実現したハイエンドモデル。

HRシリーズ CTOモデル
高分解能小型光ファイバースペクトロメーター
紫外-可視 可視-近赤外 カスタマイズ

UVからNIR の波長領域における透過・吸光測定や反射測定が高分解能で瞬時に可能。お客様の用途に合わせて仕様を自由にカスタマイズできるモデル。

NIRQUEST+
近赤外スペクトロメーター
近赤外

InGaAs リニアアレイを用いた近赤外測定用のマルチチャンネル分光器。食品、医薬品分析などへの応用が可能。


line
トップページ電気化学計測光と電気化学分光分析お問い合わせ

? to top