資料室


6-0 はじめに

電気化学 測定において、電極研磨の目的は電極を使用している間にたまった酸化還元反応生成物を取り除くことです。電極を被膜する反応速度(応答性の減衰に相当) は次の因子に依存します。

電解質の分子
電解質溶液濃度
電解質溶液
印加電圧
使用頻度

研磨のプロセスは電極表面を削り取り、新しい電極面を作ることです。作用電極を取り扱う上で下記の注意点を考慮して研磨して下さい。

  1. 電極は固く・平らな表面で研磨して下さい。研磨する際は、電極を(特にボルタンメトリー電極) できるだけ研磨表面に平行にして下さい。この操作を行ないますとピーク面は平らになります。
  2. 電極から電極材質を取り除かないようにして下さい。電極と本体の接触面または 電極表面を傷つけないようにして下さい。
  3. 電極は室温以上に加熱しないで下さい。
  4. ビー・エー・エス社の研磨剤のみを使用して下さい。他社の研磨剤を使用した場合、保証できません。

目次:研磨方法について

line
トップページ | 電気化学 測定用 電極ハンドブック | 6 研磨方法について