電気化学測定用電極

トップページ > 電気化学測定用電極・セル > 参照電極

簡易型可逆水素電極キット

簡易型可逆水素電極キット

酸性溶液の電気分解により水素ガスを発生・捕捉し利用することで、良好な電位安定性を実現する可逆水素電極です。

通常の水素電極での、危険性を伴う水素ガスボンベの使用や、水素ガスの大量排気など、煩雑な操作が必要ありません。

ダブルジャンクションチャンバーを使用する事で、酸性溶液以外の溶液でもご使用いただけます。



測定例はこちら

トラブルシューティング





  • RHEK 仕様
  • RHEK 商品構成
  • 水素ガス溜め込み手順
  • ダブルジャンクションチャンバーキット

標準水素電極としても利用可能な、溜め込み式可逆水素電極です

RHE 簡易型可逆水素電極
参考電位
1.2 mol/L の塩酸を使用すると
標準水素電極に近い参照電極として使用可能


カタログNo.をクリックするとWEB見積書に自動入力できます
商品コード 商品名 数量
013373 RHEK 簡易型可逆水素電極キット 1
内訳
013374 RHE 簡易型可逆水素電極 1
013378 ピンチコック 1
シリコンチューブ 10 cm 3
Oリング 1
シリンジ変換アダプター 1
ディスポーサブルシリンジ(5 ml用) 1

※カタログNo.013378は商品名「RHEK 消耗品キット」として販売しております。

以下の様な手順で、酸性溶液を電解することで水素ガスを発生させ、溜め込みます。

1.酸性溶液の吸入
酸性溶液の吸入
シリンジを使用し、電極内に気泡が残らない様に注意しながら酸性溶液(例:1.2 mol/Lの塩酸や0.5 mol/Lの硫酸など)を吸引します(赤い矢印付近まで)。
2.水素ガスの溜め込み
水素ガスの溜め込み
ポテンショスタットを用意し、作用電極用端子を水素電極に接続し、参照電極用端子と対極用端子はカウンター電極に接続します。
i-tテクニックまたはクロノアンペロメトリーテクニックで、水素電極内に水素ガスを溜め込みます。
3.水素ガスの目安
水素ガスの目安
画像の様に、溜め込み部の中央付近までを目安に水素ガスが溜まれば、準備完了です。

簡易型可逆水素電極本体のみでは使用できない、より広範なpH範囲で測定するためのチャンバーです。
RHEK 簡易型可逆水素電極キットと組み合わせてご使用ください。


カタログNo.をクリックするとWEB見積書に自動入力できます
商品コード 商品名 数量
013375 ダブルジャンクションチャンバーキット 1
内訳
013376 ダブルジャンクションチャンバー 1
Oリング 1
013377 ダブルジャンクションチャンバーキャップ 1
002222 Ptカウンター電極 5.7cm 1



これから電気化学を始める方のための参照電極の基礎資料はこちら

line
トップページ電気化学計測電極&アクセサリ光と電気化学分光分析お問い合わせ 

? to top