SEC Spectra 解析用ソフトウェア


SEC Spectra
SEC Spectraは、ポータブル分光計システム「SEC2020スペクトロメーターシステム」用のソフトウェアです。
下記のような、様々な光学測定を行う事ができます。

●吸光度測定
●反射測定
●透過率測定
●濃度測定
●相対放射照度測定
●継時変化モニタリング機能
●ビデオキャプチャー機能
●データの重ね書き機能、他

最小システム要件

SEC Spectraをインストールする前に、コンピュータが次の最小システム要件を満たしていることをご確認ください。

最小システム要件
CPU周波数 1 GHz以上
RAM 4 GB以上
ストレージ容量 100 MB以上
画面解像度 1024x768 以上
OS Windows 10
ソフトウェア Microsoft.NET Framework 3.5 *
* Microsoft .NET Framework3.5以外のバージョンでは動作しません。

基本的なソフトウェア操作

ここではソフトウェア操作の2つの例として、SECスペクトルを使用した測定データ分析と、スペクトルの保存(現在のスペクトル曲線の一時保存)について簡単に説明します。

SEC Spectraを使用した測定データ分析

SEC Spectraを使用してデータ分析を行う場合は、測定データファイルをSEC Spectra独自のファイル形式(拡張子.sps)で保存する必要があります。.csvまたは.txt形式で出力したファイルは、再度SEC Spectra上に読み込んで分析を行うことはできません。

重ね書き機能

重ね書き機能
同じウィンドウに複数のスペクトルを表示します。スペクトルを比較する1つの方法です。

ビデオ再生機能

ビデオ再生機能
SEC Spectraは時系列ファイルの再生ツールを内蔵しており、トラッキング間隔ごとに生成/保存された時系列データファイルを開くことができます。左図の通り、ユーザーは画面上のアイコンから時系列データの再生、一時停止、早送り操作を行うことができます。ファイルを一度ロードすると、一時停止ボタンが押されるまで繰り返し再生され続けます。

現在のスペクトルを保存する

実験条件に応じて、スペクトル曲線の保存方法を以下の4つから選択できます。

  1. ツールバーから任意のスペクトル曲線を選択
  2. Spectrum data paneから任意のスペクトル曲線を選択
  3. 現在のウィンドウのすべてのスペクトル曲線
  4. 現在のスペクトル曲線の一時保存

以下はその例です。

現在のスペクトル曲線の一時保存

一時的なログとしての現在のスペクトル曲線
スペクトルをファイルとして保存することに加えて、SEC Spectraでは、測定中のスペクトル曲線を一時ログとして保存できます。測定中のグラフに一時ログが表示されるため、元のスペクトル曲線の積算時間(Integration Time)を変更すると、2つの曲線の積算時間の差がわかります。