電気化学測定用電極

【旧製品】 MCAマイクロセル

【※新製品はこちら】

MCA マイクロセルは、VC-2 ボルタンメトリー用セル、サンプルホルダー9mmØから構成されています。VC-2用テフロンキャップに付属しているテフロンホルダーを外して、サンプルホルダーをセットすることにより、微小サンプルの計測が可能です。別々に購入するよりお得なセット価格になっています。

  • 必要サンプル量: 100〜200µL
  • セット価格適用
MCA マイクロセル
クリックで拡大クリック

カタログNo. 品名及び明細 数量
販売終了 MCA マイクロセル
内訳
VC-2 ボルタンメトリー用セル 1
サンプルホルダー9mmØ 2本入 1

MCAセルで測定を行うには別途CV電極と参照電極>電気化学測定用電極/7.参照電極が必要です。MCAセルはVC-2ボルタンメトリー用セルとサンプルホルダー9mmを組み合わせたものです。

MCA マイクロセルの使い方

MCA マイクロセル 詳細

電気化学分析の一般的なセルは5〜10mL程度のサンプル量が必要です。しかし、高価で貴重なサンプルの場合、サンプル量はおのずと少量となります。

MCAマイクロセルキットを利用すると、50µL〜200µLのサンプル量にて電気化学計測が行なえます(サンプルはサンプルホルダー9mmに入れます)。測定には、当社販売の通常サイズ(6mmØ)のCV電極が利用できます。

テフロンチューブをセルあるいはサンプルホルダーの中に入れ、N2ガス をパージして溶存酸素を除去します。~溶液の導電性があり、電流が低い場合、カウンター電極は支持塩が満たされたサンプルバイアルに静置します、これで十分測定が可能です。しかし、バイコールガラス部は、特に有機溶媒を用いると、iRドロップを引き起こすことがあります。そのような場合は、カウンター電極は上図に示しますようにサンプルホルダーの中に置くことをお勧めします。

出荷時はバイコールガラスが乾燥しておりますので、使用前少なくとも1時間は支持電解質溶液に浸漬し、抵抗を低くして下さい。バイコールガラスは一旦湿潤したら乾燥させないで下さい。実験の間バイコールガラス部分は支持電解質溶液に浸漬しておきます。