FOXY光ファイバー酸素センサー

FOXY はルテニウム有機錯体の薄膜を光ファイバーに固定したもので、470nm の青色光を
励起光として照射すると、蛍光を発します。酸素とルテニウム有機錯体が反応し、600nm
の蛍光が消光します。その蛍光を測定することにより酸素濃度が計測できます。

a71.jpg

酸素の応答性は1 秒以下ですが、サンプル中の酸素の拡散速度が応答速度を決定します。
センサー部分はガラスなので、高アルカリ、HF 条件下で長期間使用しますと、センサー
部分が侵食されます。ルテニウム錯体は光劣化しますので、励起光は、ソフトウェアーで
測定時のみオンにします。測定しない場合、光源はオフにします。

酸素センサーの本体の詳細については下記のページに参考にしてください。
USB4000-FL小型光ファイバー蛍光検出器
USB-LS-450青色LED光源

仕様

仕様 溶存酸素 酸素ガス
ダイナミックレンジ 0 〜 40.7ppm 0 〜 100%
応答時間(sol-gel) 1 秒以下
応答時間(Silicone) 20 〜 30 秒
高酸素(40ppm or100%) 0.2ppm 0.4%
低酸素(0ppm or 0%) 0.003ppm 0.01%
校正 2 点校正
安定性( 一日あたり) 0.02ppm 以下 0.05% 以下
プローブの交換
再校正 プローブ交換時
プローブの温度範囲 -80℃〜 +110℃
保存条件 特になし
滅菌 オートクレーブは推奨できない


耐薬品性
薬品 反応性
安全
アルコール < 50% シリコンコートが必要
アンモニア 安全
ベンゼン 安全( 短時間測定 )
イソプロピルアルコール <60% シリコンコートが必要
メタノール <50% シリコンコートが必要
NF3 安全
パーフルオロデカリン(C10 F18 ) 安全
パーフルオロヘキサン 安全
次亜塩素酸塩 安全
硫化ナトリウム 安全
水酸化ナトリウム 1M 安全
6 フッ化硫黄 安全

line
トップページ  OOI光ファイバー分光システム  OOI酸素センサー