SPR(表面プラズモン共鳴)Handy SPRSmart SPR

トップページ > その他 装置など

手のひらサイズの生体物質測定システム Handy SPR PS-0111

Handy SPR PS-0109

Handy SPRの紹介

Handy SPR 本体

 SPR現象を利用した検出方法の利点は、屈折率を高感度に測定することができる・ラベル化が不要である・リアルタイム測定ができる点にあります。これらの利点により医学から生化学まで幅広い分野で注目されており、現在では非常に高感度の分析器として、医薬品のスクリーニング、プロテオーム解析などに応用されています。今後もセンサーなどへの応用が期待され、さらに広く普及していくと考えられています。



Handy SPR 紹介ビデオ





Handy SPRの特長

場所を選ばないコンパクト設計

屋外測定を考慮したコンパクト・低価格設計ですから、屋内の測定はもちろん、手軽に屋外へ持ち出しての測定が可能です。

簡単操作ですぐに測定できる

操作を単純化していますので、誰にでもすぐに扱うことができます。また、測定したデータはパソコンに保存されます。


【アプリケーション例】

  • 環境ホルモンなどの河川水質検査
  • 警察によるドラッグなど危険薬物検査
  • 抗原抗体反応を利用した生体物質検査
  • Handy SPRを用いたオブアルブミンの検出
     (↑クリックすると、別ページにて詳しくご説明します)
    クリックで写真拡大クリックで写真拡大

フローセルを用いてOvalbumin抗体を金表面に固定しました。抗原としてOvalbuminを5ng、10ng、20ngを通液した時のタイムコースとSPR曲線を示します。

仕様

カタログNo.品名及び明細
012072Handy SPR
装置仕様
検出方式Surface Plasmon Resonance
計測配置Krechmann Configuration
測定レンジ65〜75°
測定チップ18×18×0.5 mm
本体仕様
光源LED 770 nm(fwhm 50 nm)
プリズム材質BK7
検出部CCD Line Sensor(2048pixel)
寸法170×100×50 mm
重量2 kg
ソフトウェアControl & Data Transmit Software
付属品
PC通信ケーブル(1), 電源ケーブル(1), 専用ソフトウェア(1),
マッチングオイル(1), 金チップ(10枚)


アクセサリー

バッチセル

バッチセル

本体のガラスプレートにマッチングオイルを滴下した後、金チップを置き、その上にシリコンのバッチセルを乗せます。





フローセル

フローセル

PDMSで作製したフローセルに金チップを貼り付けます。それを本体のガラスプレートにマッチングオイルを滴下した後で上に乗せます。



送液には、コンパクトで扱いも簡便な モデル100 シリンジポンプ 2ch をお勧めします。

line
トップページ電気化学計測電極&アクセサリ光と電気化学分光分析お問い合わせ