資料室


電気化学の基礎 Vol.6



更新日:2011-12-22

line

『サイクリックボルタンメトリーの基礎』

元東京大学工学部 助教授
渡辺 訓行
(ビー・エー・エス株式会社 顧問)
講師のプロフィール

【本編内容】(本編 約50分)

  1. はじめに
  2. 電極反応の概要
  3. 電気化学反応を表現する式
  4. サイクリックボルタンメトリー(CV)とは
  5. CVと濃度プロファイル
  6. CVのパラメータ
  7. 可逆系と吸着
  8. CVプロファイルに影響を与えるもの
  9. CVプロファイルを理解する要点
  10. CV実験のための要点

【概要】

CVを読み取ることは電極界面で起こっている電気化学反応を理解する手助けとなります。ネルンストの式と電流の式、この2つの式を覚えておくとCV測定時に起こっている現象をイメージしやすくなります。一般に掃引速度を速くするとピークが高くなります。反対に遅くすると今度はピークとピークの距離が近づきます。なぜそうなるのでしょうか?デジシムデータを用いてE過程、EC過程、ECE過程において、掃引速度の違いによるCVの変化を詳しく解説します。最後に初心者に向けたCV実験時のアドバイスを少しお話します。