電気化学測定装置

ALSソフトウェアの使い方

ALS電気化学アナライザー専用ソフトウェアは、日本語を完全サポートしたユーザーフレンドリーな設計となっております。使い方は至って簡単で、よく使用する機能をツールバー上にアイコン化してありますので、直感的に操作することができます。初めての方でもマウス操作とほんのわずかなパラメータ入力をするだけで、簡単に電気化学測定が始められます。

それでも、初めてお使いになる方には不安が付きものです。このページでは、実際にALSソフトウェアを操作しながら各ポイントを説明していきます。

実験を始める前に

実験を始める前に、セルケーブルの色(ワニ口クリップの色)について確認しておきましょう。ここを間違えると正しい測定結果が得られません。

緑色: 作用電極
白色: 参照電極
赤色: カウンター電極
黄色: 作用電極(第二電極、700D・802Bシリーズで使用)
黒色: センシング電極(大電流測定時のみ使用)

サイクリックボルタンメトリーの実験方法

  1. ツールバーのテクニックアイコンをクリックし、Cyclic Voltammetryを選択する。
  2. パラメータアイコンをクリックし、初期電位、高電位、低電位、スキャンレートなど必要なパラメータ値を入力する。
  3. ツールバーから実験のスタートボタンアイコンをクリックする。
  4. サイクリックボルタモグラムがリアルタイムで表示される。
  5. 実験終了後、データプロットアイコンをクリックすると、ソフトウェアが自動的に酸化ピーク、還元ピークを検出する。
  6. 保存アイコンをクリックし、データを保存する。

実験データの表示方法及びテキストファイルの保存方法

複数の実験データを重ね書きする方法:

  1. メニューバーのグラフィックスから重ね書きプロットを選択する。
  2. フォルダから重ね書きしたいデータを選択する。
  3. さらに追加したい場合は、グラフィックスからデータを重ね書きに追加を選択する。
  4. 重ね書きしたいデータを選択する(複数選択可)。
  5. ツールバーのグラフオプションアイコンをクリックする。
  6. Y軸固定にチェックし、表示させたい電流域を入力する。

複数の実験データを並べて表示させる方法:

  1. メニューバーのグラフィックスからパラレルプロットを選択する。
  2. フォルダから表示させたいデータを選択する(複数選択可)。

実験データのテキストデータへの変換方法:

  1. ツールバーのデータ一覧アイコンをクリックする。実験データの詳細をテキストで確認することができる。
  2. メニューバーのファイルからテキストに変換を選択する。
  3. フォルダからテキストに変換したいデータを選択する(複数選択可)。
  4. テキストファイルが作成され、同じファイル名で保存される。

※ ツールバーのクリップボードアイコンをクリックすると画像データとしてキャプチャすることができます。

line
トップページお問い合わせ