電気化学測定装置

トップページ > 電気化学計測 > オプション・その他の分析機器

CGME 〜ストリッピング法による微量金属分析

CGME

水銀滴下電極(CGME)は速応性のバルブにより水銀の成長を制御します。バルブの開閉はコンピュータで作ったパルスで制御し、滴のサイズは階段ステップ状に増加します。 水銀滴の成長速度はパルス間隔を変えることにより制御できます。遅い成長水銀滴はストリッピング実験に最適です。従来のHMDEに比べてCGMEの利点は逆流拡散によるキャピラリーのコンタミがないことと、析出期間の水銀滴の遅い成長の結果、滴の中の分析対象物の分布が均一になります。

特長:

  • 広範囲な滴のサイズ
  • 迅速な応答時間
  • 滴の成長がプログラムできる
  • 滴の安定性は迅速
  • メンテナンスが容易
  • 金属のコンタミが少ない
  • 単独で使用できる
  • マニュアルおよびリモートコントロール操作可

仕様:

仕様
カタログNo. 008035
電源 100 VAC, 50/60 Hz
重さ 6 kg
使用温度 10 〜 40℃
大きさ(W×D×H) 180×230 × 420 mm
インレットガス圧 5 psi (最大)


line
トップページ電気化学計測電極&アクセサリ光と電気化学分光分析お問い合わせ