オプション

トップページ > 電気化学計測 > ALS電気化学アナライザー

ALSモデル680C パワーブースター

ALSモデル680B パワーブースター

高出力測定

ALSモデル680C パワーブースターを使用すると、電流は2Aまで測定できます。モデル680Cはモデル600B/C/D/E、700B/C/D/E(700シリーズでは第一電極のみ対応)と一緒に使用できます。
セルコネクターは5ピンコネクターで、4つのセルリードがあります。4電極構成の使用不使用はコントロールメニュー下のセルコマンドの4-electrodesボックスの有無をチェックします。4電極オプションがオンの場合、黒リード線を作用電極に接続します(緑と黒リード線をショートさせます)。4電極構成は電流が比較的大きい場合に有効です。コネクター、リレー、回路基板の抵抗を無視できます(0.2〜0.3 Ω)。
パワーブースターが接続される場合、パージ、ノック、撹拌などのセルコントロールができません。

特長:

  • 広い電流範囲: ±2 Aまでの計測が可能
  • 広い電圧範囲: ±26 V(出力電圧)
  • 自動的に測定が可能
  • 600B/C/D/E、700B/C/D/E(700シリーズでは第一電極のみ対応)電気化学アナライザーで使用可能
  • CS-3A セルスタンドとの併用で外部ノイズの低減
  • セットアップはケーブルを接続するのみ

仕様

パラメータ ALSモデル680C
ポテンシャル範囲 ±10 V
電流範囲 ±2 A
出力電圧 ±26 V
測定下限電流 10 pA
入力抵抗 1×1012 Ω
測定方式 4電極(作用、参照、カウンター、センシング)
大きさ(W×D×H) 365×235×125 mm
重さ 6.5 kg
カタログNo. 012808 (B/Cシリーズ用)
カタログNo. 012809 (D/Eシリーズ用)


特長:
パワーブースターの周波数応答はモデル6xxB/C/D/E装置より少し低くなります。高速測定の場合、アンペアブースターを切り離さなければなりません。ハードウェアに問題が起きたら、パワーブースターを接続しない状態で、ハードウェアのテストを行ってください。モデル6xxB/C/D/Eがハードウェアテストを通ったら、パワーブースターを接続し基準抵抗で試験して下さい。CVを測定する場合、電位/抵抗の傾きを持った直線となります。


line
トップページ電気化学計測電極&アクセサリ光と電気化学分光分析お問い合わせ