資料室


5-5 バルク電気分解用セル

 溶液種の完全な電気分解を行うためのセルです。
代表的な使用法としては分子当たりの移動電子数の定量、分析種の絶対量測定、新材料の電解合成(通常はmg程度)等が挙げられます。セルは、作用電極としての多孔性ビトレニアスカーボン、白金カウンター電極とそれを隔離できるチャンバーおよびAg/AgCl参照電極から構成されています。
 これらは100mLガラスセルバイアルとテフロンキャップ、ガスパージチューブ、CV作用電極(別売)と共に用います。CV電極は電気分解の程度を調べるために用いられます。使用しない時には、ポートプラグで栓をします。ガスパージチューブとスターラーバーは付属品です。ウォータージャケットセルも別途購入できます。白金メッシュ電極も特注にて作成します。

◆詳細はこちらのページからご確認いただけます◆

line
トップページ  ボルタンメトリー用電極ハンドブック  5微量サンプルの計測