資料室


5-0 SVC-2ボルタンメトリー用セル:MCAモード

 電気化学分析の一般的なセルは5〜10mL程度のサンプル量が必要です。しかし、高価で貴重なサンプルの場合、サンプル量はおのずと少量となります。

 SVC-2ボルタンメトリー用セル の MCAモードを利用すると、100μL〜200μLのサンプル量にて電気化学計測が行なえます。測定には当社販売のCV用電極が利用できます。テフロンチューブをセルあるいはサンプルホルダーの中に入れ、N2ガスをパージして溶存酸素を除去します。カウンター電極は支持塩が満たされたセルに静置します。溶液の導電性があり電流が低い場合、これで十分測定が可能です。しかし、イオン透過性ガラス部は特に有機溶媒を用いるとiRドロップを引き起こすことがあります。
 そのような場合、カウンター電極は下図のように、サンプルホルダーの中に置くことをお薦めします。この際、CV電極は直径6 mmか3 mmの製品をご使用下さい。イオン透過性ガラスは出荷時乾燥しておりますので、使用前少なくとも1時間は支持電解質溶液に浸漬し、抵抗を低くして下さい。イオン透過性ガラスは一旦、湿潤したら乾燥させないで下さい。実験の間イオン透過性ガラス部分は支持電解質溶液に浸漬しておきます。

mca_mode.jpg



カタログNO. 品名及び明細 入数
012668 SVC-2 ボルタンメトリー用セル 1
オプション(別売)
012177 サンプルホルダー9.0 mmφ 2

 サンプルボリュームが少ない(100μL〜200μL)場合、SVC-2ボルタンメトリー用セル の MCAモードが利用できます。
作用電極としてカーボンペースト、白金、ゴールド、パラジウム電極、カーボンファイバー電極があります。
サンプルホルダーとセルバアイルには予め濃度の同じ電解質を入れてCV測定を行って下さい。
サンプルホルダーを用いて得たデータの酸化/還元電位が予想よりシフトしている場合、iRドロップが発生していますので支持電解質の濃度を5倍程度濃くするか、または0.5M程度のNaClO4を添加して下さい。

line
トップページ  ボルタンメトリー用電極ハンドブック  5微量サンプルの計測