資料室


1.9.2 インピーダンスータイム(IMPT)

インピーダンスータイム法は、ベース電位を初期電位に保持します。正弦波をベース電位に重畳します。電流と電圧がサンプリングされ実数、虚数のインピーダンス成分を解析します。インピーダンスは時間の関数として記録されます。次の図は時間関数として印加される電位波形を示します。

図42. インピーダンス―タイム法のポテンシャル波形

e35.jpg


図43. 典型的なインピーダンス―タイム プロット

e36.jpg


-プロットできるデータの種類

  1. LogZ - t
  2. phase - t
  3. Z - t
  4. Z' - t
  5. Z" - t
  6. log(Z" & Z') - t
  7. logY - t
  8. Y - t
  9. Y' - t
  10. Y" - t
  11. log(Y' & Y") - t
  12. Rs - t
  13. Os - t
  14. Rp - t
  15. Cp - t

line
トップページ EC Guide   EC Guide/1.0 ECテクニック