ALS400シリーズEQCMアナライザー

トップページ > 電気化学計測 > ALS電気化学アナライザー

ALS400C EQCMアナライザー

ALSモデル400Cシリーズは、電気化学計測と水晶振動マイクロバランス法と組み合せたEQCM(Time Resolved Electrochemical Quartz Crystal Microbalance)アナライザーです。Windows™ OS下にて、高速な電気化学反応のモニターならびに質量変化を同時にモニターできます。

ALS400Cシリーズ EQCMアナライザー

  • 特長
  • 仕様
  • テクニック一覧
  • 測定例1
  • 測定例2
  • オプション

電気化学水晶振動子マイクロバランス法による高感度微量天秤

ALS400Cシリーズは、データ記録時の時間分解能の向上が図れます。ノーマルカウントモードの場合、1 Hzの周波数の変化を観察するのに1秒必要です。0.1 Hzの周波数の変化を観察するのに10秒必要となります。データは1または10秒毎に記録されます。このことは記録が大変遅くなり、1 mV毎のCVと同期させる場合スキャン速度は1 mVまたは0.1 mVとなります。1 mVデータ記録で100 mVスキャン速度を使用する場合、周波数解像度は100 Hzになります。

ALS400Cシリーズの場合、参照クリスタルと作用クリスタルを用います。この2つのクリスタルの周波数差は高周波数カウントを行うために用いられます。周波数差が1 KHzと仮定し、20 MHzがカウントされる場合、各周波数サイクルの差は20,000カウントします。時間分解能は1/1000 Hz=1 msとなり、周波数解像度は1000 Hz/20000=0.05 Hzとなり、高速掃引が可能です。

  1. 操作が簡単
  2. 電気化学測定および周波数変化を同時にモニター
  3. 高感度な微量秤量が可能
    (周波数1 Hzまで、電極に吸着重さ1.34 ng/cm2まで測定が可能)
  4. DNA、蛋白質センサの研究
  5. QCMフローセルEQCMフローセルの使用が可能
  6. ポリマー膜の電荷移動、吸着分子の吸着・脱着メカニズム、メッキの研究
システムの概要


パラメータ モデル400Cシリーズ
ポテンシャル範囲 ±10 V
電流範囲 ±250 mA
出力電圧 ±12 V
感度範囲 1×10-12〜 0.1 A/V
入力インピーダンス 1×1012 Ω
最小電位分解能 100 μV
最大サンプリング速度 16bit@200 kHz
バックグラウンド電流 <50 pA
電流分解能 0.01 pA
スキャン速度 CV 1×10-6〜2,000(V/sec)
パルス幅 CA, CC 0.0001〜1,000 sec
パルス幅 DPV, NPV 0.0001〜10 sec
周波数 SWV 1〜100 kHz
対応OS Windows™ 7 / 8.1 / 10
インターフェース USB 2.0
大きさ(W×D×H) 365×235×125 mm
重さ 3.5 kg


モデル名をクリックするとWEB見積書に自動入力できます
テクニック 400C 410C 420C 430C 440C
CV
LSV
SCV
TAFEL
CA
CC
DPV
NPV
SWV
ACV
i-t
SHACV
DPA
DDPA
TPA
IPAD
BE
HDV
IMP
IMPT
IMPE
CP
CPCR
PSA
OCPT
SSF
STEP
ISTEP
RDE
QCM
Lmt CV Sim
Full CV Sim


テクニック略称一覧


QCMの原理

水晶振動子マイクロバランス(Quartz Crystal Microbalance, QCM)は、電極表面 におけるナノグラムオーダーの質量変化を、周波数変化として検出することが可能な高感度検出デバイスであり、気相中および液相中において現在広く使用されています。QCMは水晶圧電素子の振動数が、素子の電極上で起きる極微小の質量変化に応答して変化することを利用します。

一定の振動数で振動している水晶振動子表面に物質が吸着すると、その質量分だけ振動数が下がり、脱離すると振動数が上がります。水晶振動子マイクロバランス法とは振動数の変化から吸着/脱着した物質の質量変化を知る手法で、1 ngの質量変化まで観測可能です。

Δ f = -2Δm fO2/(A (μ ρ)1/2)

fO(結晶周波数): 7.995 MHz
A (電極面積): 0.196 cm2
ρ(水晶剛性率係数): 2.947 1011 g/cm·s2
μ (結晶密度):2.684 g/cm3

下記のダイアログボックスからQCMを選択しました。
qcm1.jpg



QCMパラメータの入力
qcm2.jpg



QCMのデータ
qcmdatag.jpg


EQCM

QCMの電極(白金、金、銀)を作用電極または指示電極として電解しますと、電解中に電極上で起きる質量変化を振動数の変化として測定できます。サイクリックボルタンメトリー(CV)と同時に振動数変化を測定すことで、電極表面の現象を電流と質量の両面から追跡でき、貴重な知見を得ることができます。また、リニアースイープボルタンメトリー(LSV)やクロノアンペロメトリー(CA)やアンペロメトリー(i-t)やクロノポテンショメトリー(CP)と同時に振動数変化を測定できます。EQCMは電極反応生成物の吸・脱着、金属の電解析出など、電極表面で起きる種々の現象の研究に利用できます。

CVまたはLSVのパラメータアイコンをクリックし、必要なパラメータを入力します。

EQCMのパラメータの入力
eqcm1.jpg



EQCMのデータ
測定データはCVデータならびにQCMデータが同時に表示されます。
eqcmdata.jpg

実験条件:1mM AgNO3/1M H2SO4 の溶液中です。




・マルチプレクサー
・8?64chまで対応
・ALS400/600/700/802/
 900/1100シリーズ対応


・多機能ファラデーケージ
・スターラー機能付き
・ガスパージ機能付き



line
トップページ電気化学計測電極&アクセサリ光と電気化学分光分析お問い合わせ